fc2ブログ

チーム・バチスタの栄光 第11話

わずか3秒の完全犯罪!!今、最も危険なオペが始まる」

 桐生(伊原剛志)は「ケース27」の術死は、自分の医療ミスによるものだと認め、容態の急変により急遽行われることになった次のバチスタ手術は、垣谷(鶴見辰吾)が初執刀することになる。しかし、オペ直前で垣谷が失踪、騒然となるオペ室。 その頃、田口(伊藤淳史)は医局で偶然、ある写真を見つけて驚愕する。それは小学生ぐらいの女の子の写真。このマーク、どこかで見たような・・・?

すると背後から何者かに写真を取り上げられ・・・? 『全てはサザンクロス病院から始まっていた』ーー互いの情報を持ち寄り、確信した田口と白鳥(仲村トオル)。改めて手術ビデオを見直したとき、見えてきた衝撃の真実とはーー?そして、オペ室では前代未聞の事態が展開しようとしていたーー!!

more...

スポンサーサイト



theme : 今、はまってるドラマ★
genre : テレビ・ラジオ

チーム・バチスタの栄光 第10話

「衝撃の結末!!医療ミスか殺人か!?」
 田口(伊藤淳史)と白鳥(仲村トオル)はチーム・バチスタのメンバーを集めて「ケース27」の映像を見直す。直美(釈由美子)は初めてのバチスタで緊張しており、酒井(鈴木裕樹)も動脈ラインが取れずに慌てていた。さらに予定外の緊急オペだったため鳴海(宮川大輔)は外出しており、到着した時は心筋切除が終わったところだった。患者の心臓は再鼓動せず、オペは失敗に終わったが、手術に問題はなく、鳴海は桐生(伊原剛志)

に「オペはパーフェクトだったよ」と言葉をかけた・・・というのが全員の共通した証言だった。  だが白鳥は、「ケース27」の術死の原因について驚くべき推理を披露、改めて映像を再生し手が止まった場面を指摘する。そしてその時、田口の予想外の行動がメンバーを衝撃の展開へと導いてゆき・・・!?

more...

theme : 今、はまってるドラマ★
genre : テレビ・ラジオ

チーム・バチスタの栄光 第9話

「偽アリバイと致命的ミス」

 術中死の真相を掴むため、氷室(城田優)が遺したメッセージから「ケース27」を調べようと資料庫にいた田口(伊藤淳史)と白鳥(仲村トオル)は、桐生(伊原剛志)が鳴海(宮川大輔)に詰め寄っているところを目撃。
 桐生は氷室の死について鳴海を疑っていること、鳴海は桐生を追って日本に来たのでなく、桐生に懇願されて日本に来たことがわかる。田口と白鳥が話を聞くと桐生は、氷室が死んだ夜、鳴海と一緒にいたというアリバイは嘘で、それぞれ自室にいたと話す。 診療室に戻った田口と白鳥は、藤原(名取裕子)から再び怪文書が届いたと聞かされ、「ケース27」の映像を見直す。

 しかし、ある点に着目していた白鳥は、それが別のケースとすり替わっていることに気づく。
 翌日、白鳥は垣谷(鶴見辰吾)、羽場(戸田昌宏)、酒井(鈴木裕樹)、直美(釈由美子)に「ケース27」の映像を見せ誰かがすり替えたのではないかと問うが4人は相手にしない。

 白鳥は直美が氷室のメッセージについて嘘をついていたのではないかと追及するが、直美は再度否定。

  一方、田口は鳴海に話を聞きに行く。鳴海は氷室が死んだ当日、夜中まで院内の自室にいたと言うが、田口が聞き込みを続けると鳴海を目撃したと証言する警備員が現れる。警備員は鳴海が慌ててタクシーで病院を飛び出して行き、その時刻は氷室が死ぬ少し前だったというが。

 国内で小児のバチスタ手術と心臓移植の最新医療を提供する施設が実現する。そのためには、次の手術も成功しなければならない。

 駐車場に止めっぱなしとなっている桐生の車を見た白鳥は氷室が死んだ場所と時刻の駐車券を車内に見つける。一方、田口はもう一度氷室が落下したビルの屋上に向かった。

 田口は、酒井にあのビルにいたのかと訪ねる。田口は糸くずのようなモノを屋上で発見。それは心臓外科医が術中に使用する糸結びを練習したものだった。酒井は殺人を自供する。

結局鳴海はその現場に出くわしただけだったのか?

more...

theme : 今、はまってるドラマ★
genre : テレビ・ラジオ

チーム・バチスタの栄光 第8話

「義兄弟の亀裂…オペで異常事態!!」

 桐生(伊原剛志)は「チーム・バチスタは解散、オペもしない」と宣言する。しかし、東城医大付属病院には、現在、村本カナ(金澤美穂)という14歳の少女が桐生のバチスタ手術を待っており、酒井(鈴木裕樹)や鳴海(宮川大輔)は反対する。だが、桐生の意志は固かった。

 一方、田口(伊藤淳史)と白鳥(仲村トオル)は氷室(城田優)が遺したメッセージを頼りに「ケース27」について調べ始める。
 すると、医療器具は研修医ではなく、羽場(戸田昌宏)が準備していたことが判明する。しかし、羽場は器具への細工を否定する。

 また、白鳥に氷室が死ぬ前にかけてきた電話について聞かれた直美(釈由美子)は、少しためらった後、「メッセージは残っていなかった」と答える。手術前に受けたセクハラについても問題なかったと。さらに、垣谷(鶴見辰吾)も「やたらと不運が重なったケースだった」と証言する。

 酒井を訪ねた白鳥は挑発するが、「氷室と自分達のどちらを信用するのか」と言ってのける。

 チームが解散すると聞いた田口が桐生のもとを訪れると、桐生は「カナの手術も断る」と告げる。その後、苦しんでいる患者を目の前に、自らが執刀しないことに悩み苦しむ桐生は鳴海に、「アメリカに帰りたければ帰ってもいい」と、ペアの解消を言い渡す。
 カナの容態が急変。緊急オペとなる。今回は鳴海が立ち会わないことになった。緊張するチーム。田口は手術室に潜り込むことに成功。多少の混乱の中。手術は無事終了する。

 終日が終わり、田口と話す白鳥。その際、鳴海が立ち会わなかったことを知らされ、驚く。ケース27で鳴海が遅れたことと関連を見いだす白鳥。もう一度ケース27のビデオを見ようと保管庫に出向いていく。その途中直美と出会った田口は、直美より伝言は重要なことは何もなかったと嘘をつかれる。

 桐生は鳴海を訪ねる。氷室が死んだ夜に一体どこへ行っていたのかと。

more...

theme : 今、はまってるドラマ★
genre : テレビ・ラジオ

tag : 緊急手術伝言セクハラ

チーム・バチスタの栄光 第7話

真犯人登場」
 ついに氷室(城田優)がバチスタ手術で患者を殺害したことを認めるが、東城医大から逃走してしまった。白鳥(仲村トオル)は氷室が言い残した「犯人は他にもいる」という言葉に注目するが、他にも患者を殺すような医師がいると信じたくない田口(伊藤淳史)は氷室の携帯に必死で電話をかけ続ける。 チーム・バチスタのメンバーは1人ずつ、刑事の青木(眞島秀和)によって事情聴取を受ける。だがメンバーは皆心当たりはないと答える。
 プライベートでの付き合いに言及された直美(釈由美子)は、2人きりで食事をしたことはないかと聞かれ、ためらいつつも、一度もないと答えてしまう。一方、田口は依然として氷室の携帯に電話をかけていた。何回かけても応答せず諦めたその時、氷室の携帯につながった・・・。

 田口が来るまで待つと言った氷室。田口は氷室が待つビルに一人で自転車を走らせる。息尽かせ屋上に上がると、氷室の姿はない。近くで悲鳴が上がり、田口は下を見下ろした。

 氷室が倒れていた。心臓マッサージを始める田口。その場で氷室の近くに「n」らしき文字を見つける。氷室は救急車で運ばれるが亡くなった。その後、田口は病院長から特命の任を解かれ通常業務に戻るよう命じられる。白鳥も厚労省に戻るが、田口は調査を続けることをあきらめない。

 田口が調査の末たどり着いた氷室の部屋。そのカレンダーには手術のケースナンバーが記されていた。カレンダーをめくるうち、27があの「n」の文字であることを見つけた。

 田口の調べた事実に得心がいったような白鳥。看護士連中と合コンしていたのは、バチスタチームの情報集めだった。白鳥の調べたところ、ケース27は氷室は別の手術からすぐケース27の手術に立ち会ったため、細工をする余裕が無かったとのこと。二人は真犯人がチーム・バチスタにいることを確認する。


 ちょっと、予告がもったいない気がしました。もっと予告をうまく作って欲しい。

theme : 今、はまってるドラマ★
genre : テレビ・ラジオ

tag : ビル屋上真犯人特命厚労省

プロフィール

umani rice

Author:umani rice
FC2ブログへようこそ!
TV、映画好き
ドラマレビュー2.0
映画は年間40本以上鑑賞

このブログについて
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログランキング

FC2Blog Ranking にほんブログ村 テレビブログへ 人気ブログランキング

月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

シンプルカテゴリ2階層
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ドラマレビュー情報
砂時計