fc2ブログ

ホタルノヒカリ2 第2話

 高野部長(藤木直人)に「結婚しよう」と言われて絶好調のホタル(綾瀬はるか)。部長におつかいをたのまれ、欲望のおもむくままに余計なものを買いまくるホタル。つい、奥さんと言われると買い物してしまうという落ちだが、どう見ても主婦な感じはしない。これに部長は怒り、「節約できない女とは結婚できない」と言い渡す。ホタルは「結婚とは」という張り紙の横に「節約」と書いて張り、「節約美女になる」ことを誓う。
 そのころホタルの会社ではプランナーの瀬乃(向井理)が予算20億円の仕事の最終コンペに残り、周囲の期待を集めていた。一方、ホタルは商店街の低予算イベント「キッズフェア」の準備で忙しい。だが商店会長から、その低予算さえも集まらず「イベントを中止したい」と連絡が入り、ホタルはなんとか予算の“節約”でキッズフェア開催できないかと奔走する。仕事でプライベートの“節約”どころではなくなった自分に対して、部長のナゾの女・小夏(木村多江)は忙しくても家事と子育てをきっちりこなしている姿を目の当たりにしたホタルは、すっかり自信を失っていく…。

 干物女という設定が説得力がないなあ。藤木、綾瀬、向井のファンでない人には見るべきところが少なめ。話も特にどうといったところもなく。ホタルは干物女というものの、仕事では超優秀な社員。ただ、プライベートがずぼらなだけとも見えるし。おそらく、仕事に対して一生懸命、そしてかわいく映る綾瀬に好感をもっている女性が多いのか?第3話の展開に期待。
スポンサーサイト



theme : 新ドラマ
genre : テレビ・ラジオ

tag : 藤木直人綾瀬はるか向井理

ホタルノヒカリ2 第1話

「干物女」ことOLのホタル(綾瀬はるか)は3年ぶりに香港から日本に帰って来た。部長(藤木直人)のいる第一企画部に配属され、契約社員の瀬乃(向井理)、美香(臼田あさ美)などメンバーは様変わりしている。契約社員や社員達は誰もが自己中心的で仕事に対する情熱が感じられない。一方、淡々と仕事をこなすホタルと部長を見て、二ツ木(安田顕)と山田姐さん(板谷由夏)は「男女が3年も離れていれば以前のようにはいかない」と囁きあう。部長は小夏という女性(木村多江)と毎晩のように会っていた。そんな折、クライアントからのクレームが持ち上がり…

綾瀬はるか、向井理、板谷由夏、臼田あさ美、安田顕、木村多江、藤木直人 (他)

 正直、そんなにおもしろくなかった。ネットでのレビューを読んでいると、女性のレビューが目立つ。それと前作のファンが圧倒的に多く感じる。人が死んだりしないのでストレスを感じる場面がないのはよしとしても、コメディーなのか、まじめなのかよく分からないドラマの立ち位置に、前作を見ていない人は悩みそうだ。
 綾瀬はるかのファンは圧倒的に女性が多いのか?女性が主人公のドラマだから?上記で述べたように、女性のレビューが目立ち、しかも総じて評価は甘い、しかし・・・。演技力のある木村多江の使い方がもったいないぞ。

theme : 新ドラマ
genre : テレビ・ラジオ

tag : 綾瀬はるか、向井理、板谷由夏、臼田あさ美、安田顕、

プロフィール

umani rice

Author:umani rice
FC2ブログへようこそ!
TV、映画好き
ドラマレビュー2.0
映画は年間40本以上鑑賞

このブログについて
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログランキング

FC2Blog Ranking にほんブログ村 テレビブログへ 人気ブログランキング

月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

シンプルカテゴリ2階層
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ドラマレビュー情報
砂時計