fc2ブログ

太陽と海の教室 第3話

「死なないで、お兄ちゃん…まさかの船上手術!海の上で初めて明かされる熱血教師の過去」
タイトル長げえー

櫻井朔太郎(織田裕二)が担任するクラスの生徒、川辺英二(山本裕典)の成績が3年生になってから急落。理事長の神谷龍之介(小日向文世)は、榎戸若葉(北川景子)に英二へ自分からの手紙を渡してくるようにと依頼する。  放課後、若葉は根岸洋貴(岡田将生)、白崎凛久(北乃きい)、田幡八朗(濱田岳)に案内をさせて英二の家へ。そこで、意外な英二の姿と生活を知る。

 次の日、朔太郎が3年1組で授業を行っていると、昨日英二の家で若葉たちが見た2人の子供が乱入。子供たちを手なずけた朔太郎は、英二に関するあることを聞く。  その頃、英二は理事長室にいた。神谷は英二への期待を手紙にしたためていたらしい。英二は、手紙に書かれたことを実践し、これからは受験勉強に集中できると話す。  英二が教室に戻ると、朔太郎の傍らにいた子供たちが駆け寄って行った。

その姿を見た朔太郎は、英二を屋上に連れて行く。一緒に来た若葉は、英二の決断を褒めるが、朔太郎は不審に感じている様子。  英二と子供たちが抱える問題に、またしても首を突っ込んでいく朔太郎。そしてそこに巻き込まれる若葉だが、長谷部杏花(戸田恵子)が持っていた写真から、朔太郎の信じられないような過去を知ることになって…。

子供たちの言葉が気になった。
勉強のじゃまなの・・・」
あんな小さい子供に言わせていい言葉だろうか。
さすがドラマと思わせるほど、けなげな妹、弟だ。朔太郎の言葉に心動かされたのはわかるとして、
英二はどこへ向かったのか?

朔太郎の過去 アミーという小年と、ありがとうを交換した・・・・
立った一言の言葉が人を変える力を持つ。
日本の子供たちは世界中のどんな子供よりもあわれなのか?
そして起きた不運な事故。英二は機械に足を挟まれてしまった。大量出血の可能性があり、機械をどけるわけにはいかない。

朔太郎の言葉で責任の意味がわかった気がする。何かが起こる前に行動すること。
誰もやらないことは、誰かがやらないといけない。
朔太郎は胸を握って行動に移した。しかし、うまくいかない。そのとき、若葉が助けるために動いた。
胸がすく場面。
自分を信じろ。あの子達を信じろ。自分を信じられるようになったら、迎えに行け。胸に刺さる言葉だった。

澤水羽菜たち、二人はまだ、計算を続けていた。

若葉は朔太郎に聞く、その国のありがとうの言葉を・・・・。
スポンサーサイト



theme : 今、はまってるドラマ★
genre : テレビ・ラジオ

tag : 船上手術受験勉強ありがとう出血

プロフィール

umani rice

Author:umani rice
FC2ブログへようこそ!
TV、映画好き
ドラマレビュー2.0
映画は年間40本以上鑑賞

このブログについて
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログランキング

FC2Blog Ranking にほんブログ村 テレビブログへ 人気ブログランキング

月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

シンプルカテゴリ2階層
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ドラマレビュー情報
砂時計