fc2ブログ

太陽と海の教室 第4話

「崖の上のショパン」
ピアノでの大学推薦を得られる演奏会に出場予定の櫻井朔太郎(織田裕二)が担任をする3年1組の生徒、三崎雅行(中村優一)が“湘南海岸高校対抗ビ―チバレ―大会"に出場すると言い出す。廃部寸前のバレ―部のために選手を募った朔太郎は大喜びだが、雅行の出場希望にはある理由があった。

 一方、幼馴染の根岸洋貴(岡田将生)と白崎凛久(北乃きい)は、微妙な関係。その凛久を雅行がビ―チバレ―のペアに誘う。この指名に貴林優奈(黒瀬真奈美)が反応して練習要員に名乗りを上げる。雅行と優奈の関係は誰もが認めるところ。だが最近、雅行は優奈を避け、凛久に接近していた。もうひとりの練習要員として、洋貴も加わった。  4人は練習を始めるが、何ともギクシャクしっぱなし。そんな時、優奈がアタックしたボ―ルが凛久の顔面を直撃。非難する雅行に、優奈はどうして凛久とペアを組むのかと聞く。すると、雅行は凛久が好きだからとあっさり告白。

ショックを受けた優奈は、泣きながら去ってしまう。と、そこに、赤木保則(池田鉄洋)がやって来た。音楽室に戻り、ピアノに専念するよう雅行を説得する赤木を朔太郎、若葉(北川景子)、凛久が見守る。だが、雅行は今やりたいことはバレ―だと話して、出て行ってしまった。  朔太郎と凛久が海岸に行くと、雅行が1人でバレ―の練習をしていた。せっかくピアノで推薦を受けられるのにと雅行を心配する凛久に、朔太郎は…。

お気に入りのシーンはこれ!
1.線があるんだよ。そう、その線だ。なれませんという線だ。
2.恋とは「」である。「逃避」、「勘違い」。それぞれ、個性的な答え。
3.この高校の地下があやしい。この人たちも改造済みなのかもしれません。
4.うるさい!何も言ってませんけど・・・。
5.朔太郎が胸を抑える。
6.おまえ、ほんとにピアノが嫌いになったのか?・・・生きることははみだしていくこと。
7.クラシック聞くとさ、眠くなんだよ。
8.ショパンはパンじゃないよ。
9.恋は落ちるものだ。

今週の朔太郎の金言は、
「自分が嫌いなもの、傷つけられるものからは逃げてもいい。ただし逃げてはいけないものがある。
自分の可能性を求める場合とか・・・。生きることは、自分の地図を書くことではない。生きることは、自分のそとへ向かっていくこと。生きることは、はみ出していくこと。」

朔太郎の言葉は、生徒たちに少しずつ染み渡っていく。

theme : 今、はまってるドラマ★
genre : テレビ・ラジオ

tag : ビーチバレーピアノ演奏会高校対抗練習

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー):トラックバックは本文中にリンクしてください。

太陽と海の教室 第4話「崖の上のショパン」あらすじ

太陽と海の教室  ドラマ ランキング  無料動画情報あり! ピアノでの大学推薦を得られる演奏会に出場予定の櫻井朔太郎(織田裕二)が担...

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

umani rice

Author:umani rice
FC2ブログへようこそ!
TV、映画好き
ドラマレビュー2.0
映画は年間40本以上鑑賞

このブログについて
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログランキング

FC2Blog Ranking にほんブログ村 テレビブログへ 人気ブログランキング

月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

シンプルカテゴリ2階層
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ドラマレビュー情報
砂時計