fc2ブログ

コード・ブルー 第8話

「避けられぬ決断」
 藍沢(山下智久)は、三井(りょう)、冴島(比嘉愛未)とともにドクタ―ヘリで中年男性を搬送する。患者の名前は福島達夫(平賀雅臣)。夏祭り山車が見物客に向って倒れ、その下敷きになった達夫は、腹部に山車の一部と思われる木片が刺さっていた。

 同じころ、白石(新垣結衣)、緋山(戸田恵梨香)、藤川(浅利陽介)は、黒田(柳葉敏郎)とともに救急車の到着を待っていた。達夫の父で80歳になる重蔵(織本順吉)、達夫の妻・清美(宮地雅子)、そして達夫の娘・結菜(大作空)もこの事故に巻き込まれていたのだ。藍沢は、黒田とともに達夫のオペに臨み、刺さっていた木片を除去する。重蔵たちも幸い大事には至らなかった。だが、達夫が助かったと知った途端、清美が部屋を変えろと騒ぎだした。重蔵も、治療そっちのけで戦争の話を始めたり、勝手にベッドを抜け出したりして藍沢たちを困らせる。

 同じ日、藍沢の祖母・絹江(島かおり)がリハビリ病棟に移る。藍沢は、また顔を出すから、と絹江に話しかけた。絹江は、そんな藍沢に、今度孫が来てくれることになった、と嬉しそうに話す。

 あくる日、消防本部からドクタ―ヘリの出動要請が入る。化学工場で熱傷患者が出たのだという。黒田、白石、冴島は、ただちに現場の工場へと向った。だが、そこで白石は、事故現場にとり残された患者を助けようとして、安全確認をする前に事故現場に入ってしまい・・・。

今回のお気に入りシーン。
1.「潜水艦を思い出すな」「乗ってたんですか」「乗ってない」
2.「一番の先生が二人いるの?変なの。」
3.「あんたも嫌み言うようになったのね。」「ううん、本心。」
4.「女が計算以外で泣くとおもう?」
5.「血まみれになったのは僕だった」「そんな!次がありますよ」「どこに?」「どこかに」

話は、黒田が鉄骨の下敷きになったが、レスキューが間に合わない。
助け出すには、片腕がじゃまだった。黒田は、藍沢に告げた。
「切れ・・・。」

次回は?



theme : 今、はまってるドラマ★
genre : テレビ・ラジオ

tag : 夏祭り山車木片リハビリ病棟化学工場

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

umani rice

Author:umani rice
FC2ブログへようこそ!
TV、映画好き
ドラマレビュー2.0
映画は年間40本以上鑑賞

このブログについて
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログランキング

FC2Blog Ranking にほんブログ村 テレビブログへ 人気ブログランキング

月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

シンプルカテゴリ2階層
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ドラマレビュー情報
砂時計