fc2ブログ

さーて 「チャーリー ウィルソンズ ウォー」のレビュー

出演者 トム・ハンクス ジュリア・ロバーツ フィリップ・シーモア・ホフマン(M:I:Ⅲ) エイミー・アダムス(魔法にかけられて)
上映時間101分。
下院議員チャーリーは、酒と女が好きなお気楽政治家。しかし、その内面では、平和を愛するゆるぎない心を持ち、ソ連の攻撃に苦しむアフガニスタンを常に気にしていた。国防歳出小委員会がアフガニスタン支援に500万ドルしか用意していない事を知ると、委員会のメンバーである彼は、予算を倍にするよう指示する。そこに、テキサスで6番目の富豪で、反共産主義者のジョアンが目をつけ、アフガニスタンを救うよう彼に訴える。
goo 映画

しかし、僕が気になるのは、感情移入の点。チャーリー・ウィルソンといういい加減極まりないキャラクターが、何故、ここまでアフガニスタン事情に関心を持つのか。本作のキャラクター描写では、いくらアフガン事情が凄惨だからといって、説得力を持ちえないように思う。
シネマスクランブル



映画としても冒頭にも書いたように豪華スタッフ&キャストが集結しているのも関わらず、何か締まりがないんですよね。ユル~いって言うのかな?トム・ハンクスは、至って“普通”です。ホントに“普通”としか言いようがないくらい“普通”ですし、ジュリア・ロバーツなんか、『別に誰でもイイんとちゃうの?』ってくらい、存在感の感じられない演技ですし、唯一フィリップ・シーモア・ホフマンが、“はぐれエージェント”の役で、イイ味出してくれてるのが救いのタネですね。マイク・ニコルズ監督お得意の“風刺をきかせた演出”も、この映画では少々空回りしちゃったようです。重いテーマを、軽い作風で仕上げようとしたんでしょうが、非常に中途半端な“どっちつかず”という印象を受けました。どうしたかったんだよ~??eigacom



意外に尺が短い。他で述べられているとおり、お気楽議員がなぜ、アフガンにのめり込むのか、どうしてCIAや軍事予算への影響力を強く持つのかなど、主人公 チャーリーウィルソンに対する人物の掘り下げが少し足らないため、消化不良の感がある。それと、「真実の」 「奇跡の」というキャッチは大げさだ。見る前は期待していたが、それほどでもないかんじ。見た人の大半はそう感じるのでは。出ている役者の演技がいいだけに少し残念。評価は五段階で2だ。あ、最後に、エイミー・アダムスいいじゃん。

theme : 今日観た映画
genre : 映画

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

umani rice

Author:umani rice
FC2ブログへようこそ!
TV、映画好き
ドラマレビュー2.0
映画は年間40本以上鑑賞

このブログについて
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログランキング

FC2Blog Ranking にほんブログ村 テレビブログへ 人気ブログランキング

月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

シンプルカテゴリ2階層
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ドラマレビュー情報
砂時計